そもそも婚約指輪っているの?

婚約指輪の風習はいつからのもの?本当に必要なの?

そもそも婚約指輪はどのような風習なのでしょうか。実は、婚約指輪を婚約者に贈り始めるという行為の発祥は、「古代ローマ時代」であるという説があるほど、長い歴史を持つと考えられています。
ところが、海外発であるこの風習が日本において広まったのは、早くても明治期、大衆化したのは昭和に入ってからであると考えられています。日本には結納という独自の風習があったこと、そして西洋の風習である「指輪」というものが広まるまでに時間がかかったことが原因でしょう。
このように比較的新しい風習である「婚約指輪」については、必ずしも必要と考えない人は多数います。また、一般的に婚約指輪は日常的には身に付けないもののため、「普段身に付けないのに、高額なお金を費やすのはもったいない」と考えるからかもしれません。

婚約指輪は愛のしるしでもある!

このように、日本においては婚約指輪は広く浸透しているわけではありません。しかし、それでもプロポーズや両親との顔合わせのタイミングなどを利用して、婚約指輪を贈ることはおすすめです。
なぜならば結婚までの期間中、相手と自分が婚約関係にあるということを形を持って示すことができます。「そんなものは要らないだろう」と思っていても、やはり結婚生活をスタートするにあたっては、お互いの気持ちや情熱が欠かせません。目に見える「婚約指輪」という一生の宝物を贈ればそれを端的に示すことができるでしょう。また、「自分のために用意された指輪」を貰って喜びを感じる女性は少なくありません。
勿論、相手が「婚約指輪よりも優先したいことがある」や「自分は指輪は好みではない」とはっきり明言したのであれば、その気持ちを尊重した方が良いでしょうが、もしも「婚約指輪はいるだろうか?」と迷うのであれば、是非指輪を用意することをおすすめします。

結婚指輪を銀座で検討してみませんか。銀座には非常に多くのショップがあります。ブランド店から個人店まで幅広いお店を見て回ることができます。ウィンドウを覗くだけでも、色々な商品を見る事ができます。